Nouvelles ニュース

ヴァイオリンとのひととき、そして大切な事

2011年10月27日(木)

先日、あるプライベートコンサートにてヴァイオリンと共演しました。
共演したヴァイオリニストは山崎えりかさん。

パリに留学時代、スイス・ベルンの学校に通っていた時に知り合った、日本での出身校の後輩でした。
お互いベルンの学校一年目で、色々な苦労を共にし、悩みを相談しあった大切な友達です。8月にドイツ・ライプツィッヒから帰国し、初めてのコンサート。
初めての共演だったにも拘わらず、最初の合わせから息もぴったり!
合わせの時から不安だったモーツァルトのソナタが、当日は一番よく演奏出来て、二人で大喜び!
アンサンブルとは、技術だけでなく、心も通い合っていると安心して演奏出来るものですね。
当たり前のことのようですが、改めて大切な事だと気づかせてくれました。
気持ちの良い、素敵なマチネでした。