Nouvelles ニュース

12月のコンサート~プライベートコンサート&アラン・ムニエ氏とのチャペルコンサート~

2012年2月17日(金)

ご無沙汰しました。

12月初旬に、チェロを愛する知人とのプライベートコンサートに、去年に続き出演させていただきました。

来日していたアラン・ムニエ氏もサプライズゲストとして飛び入り参加!華やかなパーティーとなりました。

パーティー・・そうなんです、ここは六本木に聳え立つ森ビルの最上階。去年初めてこの場所に来て、夕焼けの富士山を見た時の感動は忘れられません。今回も寒い晴天の一日で、無事夕焼け富士山を本番前に拝むことが出来、幸せな気持ちでいっぱいで本番に望めました。感謝!!

12月22日、アラン・ムニエ氏とのクリスマスチャペルコンサート。

当日は今年の冬を占うかのような寒さの中、たくさんの方にお越しいただき、会場は熱気でいっぱいでした。

年末のお忙しい中、足をお運びくださった方、ありがとうございました。

ムニエ氏とはこれまでに数回ご一緒させていただきましたが、巨匠の域であるチェリストにも拘わらず、誰に対しても同じ対応をしてくださり、とても気さくでユーモアがあり、なんといってもまさにフランスのエスプリたっぷりの音楽センス!しかし、これについて行くのがとても大変。。。演奏のたびに、その時の気分で演奏の仕方が変わるのです。でも、音楽とは、本来そういうものなのだな。。。と今回は感じました。

自宅での合わせの合間に、チェロ学習中の母にもお付き合いくださり、デュオを演奏したり、チェロケースにサインをしてくださったり・・・お世話になりました。

演奏後には、チャペルコンサート恒例なのでしょうか、ステージで演奏者にインタビューがありました。

事前に質問する内容は大方聞いてはいたのですが・・・でたらめな通訳、いや、通訳とも言えないくらいの失態を皆様にさらしてしまい、大変失礼致しました。だいたい、だいたいの内容は簡単に、簡単にお伝え出来たかとは思います。フランス語、今後のためにももう少し勉強しておきます。

写真はコンサート後、ムニエ氏と、初めての譜めくりを素晴らしく完璧にこなしてくださった、コントラバスの高校生。

譜めくりは、意外と重要な任務です。今回、素晴らしい方に巡り逢えて、幸せでした。只今音大受験真っ最中!頑張れ!